「漢字音訓カルタ」


 
 

 全てではありませんが、漢字の音読みと訓読みを使った例文で作成しています。カルタ遊びを楽しみながら自然と漢字の音読み・訓読みを習得していくことを意図しています。
 読み札は、すべての漢字にルビが打ってあります。取り札は、当該学年以下の漢字のルビは抜いてあります。
□取組方法

 子どもたちを数人ずつのグループに分けます。1グループごとに子どもが丸く座って真ん中にカードを一面に広げてもらいます。そして先生が読み札を読み、子どもたちが取り札を取り合います。そして、カードを取った子にそれを読んでもらいます。正しく読めた時だけその札は取った子のものになります。こういうルールにしておくと、読みの練習につながります。グループの一人が読み手になって子どもたちでやることもできます。授業で一度これを導入しておくと、そのカルタを使って、遊び時間にも自主的に遊び始める子どもたちもいます。